TOP

通所介護(デイサービス)

家庭で生活している高齢者の皆様に送迎によりおいでいただいて、
一日を楽しくお過ごしいただけるように様々なプログラムを用意
しております。
利用者の皆様が、他のご利用者様や職員スタッフとの関わりの中で、
日常生活がより明るく、さらに活性化するよう支援します。
利用者の身体・心理・社会的状況に合わせたアクティビティ・サービス
を提供します。

通所介護(デイサービスセンター)の運営方針

  • 1.在宅で生活している要介護高齢者が、楽しみながら参加し他の利用者と交わり生活全体を再び活性化していくことを援助する。
  • 2.利用者に効果的なサービスを提供するために、個々の身体的・心理的・社会的な側面をトータルに捉えていくことに心がける。
  • 3.利用者の生活全体を「生活リズム」の視点から捉え、様々な活動プログラムを用意し生活のリズムを取り戻せるよう援助する。
  • 4.利用者の心身の活動性を高め社会的孤立感を解消し、生活の広がりや社会関係を再構築できるよう援助する。
  • 5.利用者の家族や地域で生活する人々との連帯を密にし、介護の技術や知識の提供により在宅生活を快適に送れるよう援助する。
サービス内容
(1)生活相談
利用者・家族の生活環境及び個々のニーズに応じて適切なサービスの提供に心がける。また、利用者・家族の現状把握に努め、常に状況に適応したサービスの提供を行っていく。
(2)健康状態の確認
利用者の健康状態の観察を看護職員を中心に行い、他職種との連携によりきめ細かいサービスを提供する。また、関係機関への連絡・報告を行い総合的に実施する。
(3)食生活の充実
「味覚」「臭覚」「視覚」を刺激する食事内容で提供し食欲低下の予防に努める。行事食など変化に富んだ食事を提供し、利用者に喜ばれる食事の提供を心がける。
(4)快適な入浴環境
利用者の健康状態を把握の上、ニーズや心身状況に合わせた4種類の入浴形態を提供し、安全にくつろぎのある入浴を実施する。
(5)個別機能訓練
個々の利用者の状態に適切に対応するため、機能訓練指導員を中心に、介護職員等が共同して利用者の機能向上に係る個別の計画を作成し、これに基づく適切なサービスの実施、定期的な評価と見直しを行う。また、利用者の生活意欲が増進されるよう、選択した項目ごとにグループに分かれて活動することで、心身の状況に応じた機能訓練を適切に提供する。
(6)栄養マネジメント
低栄養状態にある方、又はその恐れのある利用者に対し、管理栄養士を中心に看護職員、介護職員等が共同して栄養ケア計画を作成し、これに基づく適切なサービスの実施、定期的な評価と見直しを行う。
(7)安全な送迎の確保
利用者の家庭での細かな情報確保のため、家族や関係者とのコミュニケーションを大切にする。また、常に車両点検を実施し安全運転に心がけ、心と時間にゆとりを持って送迎に当たる。
ご利用について
職員の配置 生活相談員/2名、介護職員/4名、看護師/1名、機能訓練指導員/1名、管理栄養士/1名
利用定員 1日あたり概ね30人
利用回数 希望により決定します。
(状況によっては希望に添えない場合があります)
利用曜日 月曜日~土曜日・祝祭日(日曜日、年末年始は休みとなります)
趣味活動 手芸活動、作業
日程表
8:30 お迎え
9:15 健康チェック、血圧・体温測定、お茶、趣味活動、嚥下体操、機能訓練、入浴
12:00 昼食・休養
13:30 機能訓練、生活機能向上グループ活動、レクリエーション
16:00 お茶、おやつ
16:45 お送り

利用料金について

種類 自己負担額
基本利用料 要支援1 1,691円/月
要支援2 3,469円/月
基本料金 介護度 7~9時間利用(月~金曜日)
要介護1 674円/1日
要介護2 796円/1日
要介護3 923円/1日
要介護4 1,049円/1日
要介護5 1,175円/1日
基本料金 介護度 5~7時間利用(土曜日)
要介護1 588円/1日
要介護2 695円/1日
要介護3 801円/1日
要介護4 908円/1日
要介護5 1,015円/1日
②加算対象額
加算名 自己負担額
個別機能訓練加算(I) 48円
入浴加算 52円
栄養改善加算 154円
若年性認知症利用者加算 62円
サービス提供制加算(I) 19円
③その他の費用
対象となる負担 種類 自己負担額
食費 食材料費等 550円
おむつ利用料 ケアパット 40円
はくパンツ 200円
紙おむつ 230円

パルシアのメニュー