TOP

各委員会のご紹介

パルシアには、「エマオ」「ガリラヤ」「ナザレ」のユニットの他、サービスの向上・改善を図る委員会を設けております。各種委員会の活動を紹介します。

食事改善委員会

主な活動内容
  • 各事業所、ユニットごとの毎月行われる行事食の日程、内容についての話し合い
  • 残食調査や嗜好調査などの各種調査についての結果報告とそこから考えられる問題点とその改善策についての話し合い
  • ご利用者様からの要望についての提案

各事業所、ユニット、厨房、栄養士からの問題提起とその改善案・改善策。
「食」は健康の源であり、ご利用者様が心身ともに健やかな毎日を過ごすために、様々な視点から日々提供されている食事の検討を行っております。
高齢期の身体的特徴、入所以前の生活環境や食習慣、嗜好などを考慮し、季節を感じられ楽しみの持てる食事が提供できるよう話し合いを行っております。

サービス向上委員会

活動内容
サービス満足度調査の実施、接遇セミナー(研修開催)、身体拘束抑制実態調査等を通し少しでも施設のサービスが向上するために様々な面より、調査・検討を行っています。サービスの向上は、調査をしただけ、検討しただけでは、図ることが出来ません。

現れた結果をいかに改善し、実施するかが重要となります。サービス満足度調査の結果を受け、改善された点を紹介しますと、タオルケットの交換、配膳トレーの入れ替え、居室内清掃の徹底、ご利用者様の個別対応の充実等多くの見直しが行われました。
パルシアでは、ご利用者様からの意見と、職員から出された業務改善提案(職員達、自ら現状を見なおす為)両面からサービスのあり方を見直す機会を設けています。自己満足で終わることなく施設の中心はご利用者であり、職員は側面からサポートする立場であることを忘れることなく良いサービスが提供出来るよう委員会として取り組んで行ければとメンバー一同がんばっています。
パルシアに関わる多くの方々のご意見がサービスの向上には欠かせないものです。皆様からの忌憚のないご意見、アドバイスをお待ちしております。

行事実行委員会

活動内容
パルシアには、それぞれの季節毎に大きな行事があります。春は7月に「フリーマーケット」、夏は8月に「テラスパーティ」、秋は10月に「パルシア祭」、冬は12月に「クリスマスパーティ」、1月に「新年餅つき大会」と―――

昨今の特養ホームは、ユニットケアが必須となり、ケアやレクリエーションの単位が小規模化され、それぞれユニット毎に行うか、もしくは行事やレクリエーション自体を廃止する施設が出て来ているのが現状です。その様な中で、ユニットケアの先進的施設であるパルシアでは、前述の通り、大きな行事が季節ごとに行われています。それは一体どういう事だと思いますか?決して施設側の押し付けではないのです。
開園当初から行われている行事がご利用者の皆様方、ご家族の皆様、地域住民の皆様の最大の楽しみとなっているからなのです。我々、行事実行委員は、それらの期待に応えるべく、話し合いを持ち、知恵を出し合い、そして、いろいろな方々の意見を聞き、実行し、そして反省し、といった具合に日々努力しております。その様に念入りに準備をした行事で、ご利用者の皆様の笑顔を見るたびに、”最大の幸せ”を感じ、それをエネルギーにして、また次の行事にそれを生かしております。この快感は何事にも代え難い、非常に貴い経験となっております。
年間の行事予定については、4月上旬頃にほぼ決まっておりますので、ご興味のある方はお電話にてお問い合わせ下さい。特におすすめな行事は、8月に行われる「パルシアテラスパーティ」です。毎年、500人以上の方がお見えになります。「出店あり」「歌あり」「踊りあり」「花火あり」と、とにかくここでは説明しきれません。「百聞は一見にしかず」。とにかくいらしてください。お待ち致しております。

パルシアのメニュー